ブライアンのオススメラーメンVol.2広島
2019-12-14

ブライアンのオススメラーメンVol.2広島

Food & Drink

ラーメンアドベンチャーのブライアン・マクダクストンが送るNOCTIVE独占のシリーズ。Youtubeやブログの発信で知られる彼ですが、最高の一杯を求め今までに1,000杯以上も味わっています。今回は広島のラーメンを紹介してくれます。

  • 広島はこの数十年間、日本有数の観光地の一つとして人気がある。
    京都や大阪から平和記念碑、宮島へ向かう船から水に浮かぶ鳥居を見に日帰りをする旅行客も多いであろう。だが1・2泊して食やナイトライフを楽しむ事が、知る人ぞ知る広島の魅力だ。広島風お好み焼きうどん、小豆が入ったもみじ饅頭、広島産の牡蠣などは観光パンフレットに載っている言わば流行りである。勿論どれも素晴らしいが、この地域はラーメンも盛んなのである。

  • 花いちもんめ

    薬研掘の歓楽街はバーや風俗のネオンが光る街、夜にただ歩いているだけでも面白い。
    花いちもんめは薬研掘の中心にある。
    21時から翌朝4時までが営業時間で、深夜営業もしているのがこのお店のスタイルだ。
    花いちもんめでは、普通のスパイシーな広島風とは全く違う次元のラーメンを提供する。
    醤油で濃いめに味付けした鴨のスープを使用。呑んだ後の豚骨ラーメンも良いがこの塩辛いアヒルの方がさらに良いかもしれない。しなそそばや人気のつけ麺を食べて、もしまだ食べれるならメニューカードの裏にある裏メニューからラーメンに合うミニ丼を頼むのも良いだろう。

  • ここは是非覚えてもらいたい名店だ。2階に店を構えているので呼ばれるまでは待合室で待つ。
    待合室はお店とは別れているので、自分の番号が呼ばれるのをタバコを黙々と吸う人たちと一緒に待とう。

  • 武蔵坊

    ここ数年汁なし坦々麺が大流行している。細麺、炒めた挽肉がしびれる辛さの効いたスパイスが沢山使われており、一般的な辛さは中国のダンダンミエン(坦々麺)より遥かに低い。中国のダンダンミエンは沢山の赤唐辛子と花椒(四川料理に由来するしびれる辛さを引き出すスパイス)が使われている。日本スタイルの坦々麺は、より芳香が強い緑山椒など地元ならではの山椒を使用することによってより輝きを放っている。

    ここ武蔵坊では、代表的に3種類の胡椒を提供している。苦味のある茶色い若山椒、赤い色の赤山椒には少し辛さがある。さらに緑色の青山椒は山椒の香りと共に麻痺させる程の辛さの源だ。トッピングするときは入れ過ぎに注意して。辛さに耐えられる場合は、辛さを更に追加してデスバージョンの一杯を試してみてほしい。もちろん通常レベルも楽しんで貰いたい。

  • 武蔵坊は、街中にある汁なしの坦々麺を提供する店のひとつである。もしこのスタイルの大ファンならば、駅の観光案内所で公式の広島汁なし坦々麺マップが配布されているので、それを手にとって、街で1番の坦々麺を見つける旅に出てみてはどうだろうか。

  • けいま&わかば亭

    広島は、日本の多くの都市と同様に独自のラーメンスタイルを誇っている。広島スタイルはスパイスの効いた冷つけ麺である。
    細くてまっすぐな麺を冷やし、サクサクしたキャベツ、スライスした新鮮なネギ、ポーク肩の冷たいスライスをトッピングされている。
    けれどこのスープは正反対。久島つけ麺は辛味が強いラー油で覆われた衝撃のスープが特徴だ。炒ったゴマと冷たい麺の層が辛さを抑えてくれる。選べる辛さレベルによっては顔が溶けそうなほど激辛を味わえる。
    激辛ファンならレベル10に挑戦、初めての方はレベル3位が丁度良いだろう。広島には一般的にはレベル10までのところがレベル100まである。
    驚愕の辛さを見事に完食したお客さんには、偉業を他のお客さんにも見てもらえるように特別に記念賞状を壁に貼ってもらえる。

  • ケイマは広島つけ麺を提供しているが一見その店はバーと間違えてしまう。まず最初に薬研掘の夜の中心地に店を構えていること。第二に午後6時から午前2時半頃まで営業していること。第三に自家製カクテルでよく知られていること、と瀬戸内海産のレモンと大分産のカボスを使ったオリジナルサワードリンクがある店である。食べ物はどれもとても素晴らしく亭主は自作のつけ麺を誇りに思っている。瀬戸内海に浮かぶ小豆島の伝統的な醤油など、さまざまな醤油がブレンドされている。
    ラーメンにはMSG(グルタミン酸ナトリウム)や化学調味料が一切含まれていない。この店の周りで飲み歩いていたとしても、少なくとも麺は健康的である。

  • 若葉亭には昔ながらの雰囲気がある。スパイスレベル100の壁を達成したお客さんは店のほとんどを覆う黄色い用紙に名前が壁一面に飾られている。レベル100達成とは別に赤で覆われているのは、地元の広島カープス野球チーム専用だ。

  • この店の売りは経営している2人の老婦人であるかもしれない。彼らが友好的であること、粗野であること、会話が楽しいこと。店は町の少し南側にあるけれど、素晴らしい一杯を頂きに迂回する価値はある。

  • つたふじ

    広島県の西側にある尾道は、広島の繁華街から離れた隠れ家的存在だ。尾道は、この地域の多くの寺院とは別に独自のスタイルのラーメンを誇っている。背脂の大きな塊と醤油ベースのラーメンだ。小さな町には数十の地元の店がありツタフジは最も有名なものの一つである。営業中はいつでも大行列。

  • ツタフジのラフなスタイルは素晴らしく二日酔いにはぴったり。広島で朝までパーティーで楽しんだ後は尾道まで電車で寝て、この伝説的な店ですすってから帰る人もいるという。それか家に帰る代わりに、ロープウェイで山を登り、猫の細道と呼ばれる路地を歩く。ここには数十頭の野良猫が住んでいるため、多くの猫の像・猫のアート、そして猫の博物館まであるのだ。

Tags

Spot Information

Related Articles

MOST POPULAR

MOST POPULAR

Sorry, no content matched your criteria.