ブライアンのオススメラーメンVol.8 池袋
2020-03-23

ブライアンのオススメラーメンVol.8 池袋

Food & Drink

ラーメンアドベンチャーのブライアン・マクダクストンが送るNOCTIVE独占のシリーズ。Youtubeやブログの発信で知られる彼ですが、最高の一杯を求め今までに1,000杯以上も味わっています。今回は池袋のラーメンを紹介してくれます。

  • 池袋は関東文化において興味深い坩堝だ。東京の中心部の1つだが埼玉県(北部)への玄関口でもある。 東武東上線は池袋と川越を結び、JR線にも乗り換えが出来る大宮とも毎日運行している。これは都内の主要地域よりも多くの埼玉県民が池袋を経由していることを意味している。

    また、大型デパートから流行のナイトクラブ、おいしいラーメン店まで必要なものすべてを見つけることができる。

    それにしても東京から程近い距離にも関わらずそのイメージは酷い言われようだ。ラーメンも荒々しく輝いている。と言うのも埼玉にはルールがない。シンプルで洗練されたスタイルからニンニクと脂肪でいっぱいの1杯ま様々だ。池袋エリアには、都会人から埼玉のヤンキーを満足させるのに十分に素晴らしいラーメン店が存在する。 バラエティーに富んだ緑色をした珍しい麺、インドのスパイスやハワイ料理まで何にでも期待できる。もちろんお気に入りの1杯も期待できるだろう。

  • 麺屋 六感堂

    六感堂といえば独特な塩ラーメン、という名声を得た。 それは高品質なスープと、麺に由来する。 実はユーグレナという珍しい食材と一緒に作られた麺は、妙に緑の色合いなのだ。ユーグレナは、藻類に似た単細胞生物で、麺類で使用するのはほとんど見かけないが、健康的なスムージーに使われることが多い。更にユーグレナはビタミンが豊富なスーパーフードとして有名だ。

  • 健康をテーマに六感堂は質の良い国産のカツオのフレークや昆布、醤油は、伝統的な方法で醤油を醸造することで有名な小豆島のものを使用している。
    看板から壁、グラス、何でも緑で埋め尽くされた店内がまた興味深い。

  • スパイスらぁめん 釈迦

    インドラーメン?それって合う??と思う人も多いだろうが、スパイスラーメン釈迦にはそれが存在する。
    スパイスラーメン釈迦はMENSHOグループの1つ。伝統的なインドのカレー料理からインスピレーションを得て、MENSHOの新店舗はそれぞれまったく異なるテーマを掲げている。よりマイルドな味わいのために北インドのラーメンを注文してみよう。 この1杯は、バターチキンに触発されたもので、南インドの天空(天)はもう少し辛みが強い味わいだ。

  • そして本当の楽しみは、インド料理のつけ麺を試して欲しい。 自家製つけ麺は、2種類の麺と絡ませるカレーとサイドメニューとしてインドのピクルスがセット、更に揚げたパパード(インドのクラッカー)でトッピングされている。

  • 麺屋 Hulu-lu.

    東京にハワイ? 日本在住なら誰でも、アメリカの第50州目となるハワイに完全に取り付かれる。常にハワイを感じられるHulu-luへ訪れてほしい。

    何がそこまでハワイアンにさせているのだろう、それは亭主がアロハの精神を愛し、フレンドリーで誰でも気軽に立ち寄れる店を作りたいと思っていたからだそう。

    ラーメンは純粋な日本風、添加物不使用のスープに新鮮な材料を使用している。 あっさりスープに合うように、細くてしっかりした自家製の麺である。インテリアかもしれないが、実際このラーメンを頂きながら太平洋に沈む夕日を眺めるビーチを眺めている気持ちにさせてくれる。ハワイを満喫したい方は、是非スパムむすび、そしてハワイのクラフトビールをお試しください。

  • 塩そば専門店 桑ばら

    正式名称は塩そば千門店桑原、塩ラーメン専門店である。 美しいスープには巨大ポークチャーシューがトッピングされている。 スープは黄金に輝いている、あっさりめに仕上がっているとても味わい深い一品だ。 ポークチャーシューが好みならば、サイドディッシュでも注文することが可能だ。

  • 池袋のサンシャインシティ周辺のエリアは小さなラーメン激戦区だ。十数軒のラーメン店を簡単に見つけることは出来るが、桑原は少し隠れた所に位置している。ヤクルトスワローズが目印だ。桑原は東京で2番目に人気のある野球チームの強力なサポーターなのだ。

  • 志奈そば 田なか

    厳密にいうと田なか志奈そばは大塚駅に近いが、池袋のどこからでも簡単に歩ける距離だ。 都内にあるレトロな街並みを歩くのも悪くないだろう。

    亭主の田中氏自身は、千葉県出身のサーファーである、そして海への愛はラーメンにも現れている、海の恵みを活かし煮干しラーメン専門を営んでいる。 干しイワシはラーメンに強いうま味を与え、あっさりとした素晴らしい仕上がりだ。しかしサバとイワシの両方で作られたは重濃鯵ニボそば はかなり退発的と言えるだろう。 各ラーメンには約50匹の魚が必要とし、また他のほとんどのラーメン店より大量の昆布で煮込むことでより粘り気のあるスープを作る、これを知らずに注文すると驚く方もいるだろう。

  • 大塚という街は家族連れには最適な場所ではないかもしれない。客引きに注意してほしい。1人で怪しい建物に誘われたときは要注意だ。ラーメンにこだわりを持ってこの街へ訪れるべきだらう。

Tags

Spot Information

Related Articles

MOST POPULAR

MOST POPULAR

Sorry, no content matched your criteria.