美味しいお酒と、踊れるいい音楽。渋谷・新宿のニュースポット紹介
2020-06-05

美味しいお酒と、踊れるいい音楽。渋谷・新宿のニュースポット紹介

Area Guide

東京の街は大きく変わりはじめている。中でも渋谷は新しいビルが立ち始め、街の光景も変わりはじめている。駅前に立ち並ぶ高層ビルのトップフロアには、360度パノラマビューを一望できる「SHIBUYA SKY」や、レストラン&スカイ・バー、クラブ・ラウンジが集まった「CÉ LA VI TOKYO」など、これまでに渋谷にはなかった、東京の夜景と夜空を仰ぎながら時間を過ごすことができる場所が誕生し、街の開発に伴い、古くからある建物の中にも新しい店が誕生。そしてギラギラとしたエレルギーとカオス感を保つ、東京最大の歓楽街である新宿では、街に同化する新しい店が少しずつ出来始めている。そこで、渋谷・新宿界隈でこの1~2年の間でオープンした、音楽が聴けるDJバーやラウンジを紹介しましょう。DJのラインナップ、お酒、内装と今の東京らしさを味わえるだけでなく、どこもエントランスフィーが1000円前後なので、夜のバーホッピングを兼ねて、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

新型コロナ感染症の感染防止の為、休業中の店舗も含まれています。営業再開を楽しみに待ちましょう!

  • ▷渋谷エリア

    DJ Bar AZUMAYA
  • (1)東間屋

     今から約100年前は花街として栄え、その後、東京では有数のラブホテル街として知られ、日本のクラブシーンが人気を呼び始めた1990年代からは、大型クラブやライヴハウスができ始め、現在はレストラン、バー、ライヴハウス、クラブなどの店が立ち並ぶ円山町。
    その円山町のど真ん中にオープンし店が、「東間屋(DJ Bar AZUMAYA)」。渋谷最大級のライヴハウス「TSUTAYA O-EAST」の一角を改装し、月曜から土曜日までDJバーとして営業を行っている。
     壁一面に桜のアートが描かれた洋折衷な空間が魅力で、音楽面においては、人気のローカルDJ達がハウス、テクノを中心としたダンスミュージックプレイしており、今の東京の動向を知ることが可能。またバーには唎酒師の資格を持つバーテンダーがセレクトした地酒や、スパイスを使用したカクテル、焼酎、ジャパニーズウィスキーのほか、抹茶、緑茶、ほうじ茶、柚子などのリキュールもあり、日本ならではの酒を味わうことができ、渋谷界隈のDJバー、クラブの中でも酒の美味さに関してはピカイチだ。エントランスも1000円+1ドリンク付きとリーズナブルなのも魅力のひとつ。

    ■東間屋(DJ Bar AZUMAYA)
    住所:東京都渋谷区道玄坂2-14-8 TSUTAYA O-EAST 2F
    Tel:03-6416-4184
    営業時間:月~土 11:00~04:30
    https://azumaya.jp

    BLOODY ANGLE DOUGEN TONG
  • (2)BLOODY ANGLE DOUGEN TONG

     ファッションや音楽、そしてアートなど、クリエイティヴな分野に携わる日本の20代~30代の人々は、デジタルがかなり進化した現在の世の中で、その反動なのか、アナログを好む人たちも多い。音楽もそう。日常ではパソコンを通じて曲を手に入れながら、アナログレコードのかかる店で友達と遊びたくなったりするそうだ。そんな人たちの期待に応え今年2月にオープンしたレコード・バー「BLOODY ANGLE DOUGEN TONG」。日本のラッパー&クリエイティヴ・ディクターのRYUZOが手がけるレコード・バー「BLOODY ANGLE」レコード&カフェ・バーの2号店になり、人気日本人アーティストYOSHIROTTENによる、ネオン管を使用した内装がすでに界隈では話題を呼んでいる。
     11:00~20:00まではカフェタイムとして営業。美味しいコーヒーや、ホットサンド、ナポリタンスパゲティなど日本では時代を超えて愛されるカフェフードを提供。そして20:00~03:00までは、レコード・バーとして営業。ソウル、ファンク、ジャズ、ジャパニーズポップスなどをアナログレコードで聴きながら、美味しいお酒を楽しむことができる。ちなみに店ではレコードバイヤーがセレクトしたレコードも販売。

    ■BLOODY ANGLE DOUGEN TONG
    住所:東京都渋谷区道玄坂2-15–1 ノア道元坂ビルB1F
    Tel:03-6712-7717
    営業時間:11:00~03:00(11:00~20:00 カフェタイム、20:00~27:00 バータイム)
    https://www.instagram.com/bloodyangledougentong/

    MITSUKI TOKYO
  • (3)翠月

     渋谷の有名なストリート道玄坂を登りきり、人気も少なくなってきた場所にあるDJバー/クラブ「翠月(MITSUKI TOKYO)」。通りにある重い黒いドアを開けて地下へ通じる階段を降り中へ入ると、オレンジに光る月のアートと、月下美人の花が迎え入れてくれる。「BLOODY ANGLE DOUGEN TONG」と同じく、店のプロデュースはRYUZO、内臓をアートディレクションは、人気アートディレクターYOSHIROTTENが手がけた。店の半分はバーとダンスフロア、DJブースが設置されている空間には広いVIPルームもあり、音楽は、ディスコ、ソウル、ハウス、テクノ、エクスペリエンタルと幅広く、ローカルで人気の実力のあるDJたちがプレイ。ときには、海外からスペシャルゲストも登場することも。ファッションやアートに携わるクリエイティヴな人々も多く集まる、大人の音楽酒場として人気を呼んでいる。エントランスは1000円と良心的なので、渋谷の夜をバーホッピングする際に立ち寄ってみて欲しい。

    ■翠月(MITSUKI TOKYO)
    住所:東京都渋谷区道玄坂2-22-12 第一ビルB1F
    Tel:03-6455-0140
    営業時間:月~土 21:00~05:00、日曜定休
    http://mitsuki-tokyo.com

    CÉ LA VI CLUB LOUNGE
  • (4)CÉ LA VI CLUB LOUNGE

     渋谷駅周辺に昨年末にどんどん出来上がった新しいビル。その中のひとつ、渋谷駅西口を出た目の前にある「東急プラザ渋谷」の17階、18階のルーフトップに、「CÉ LA VI TOKYO」がオープン。シンガポール随一の統合性リゾート「マリーナベイ・サンズ」の最上級にあるレストラン&バーが日本へ上陸し、渋谷のど真ん中に東京の街を一望できるこのラグジュアリーな空間ができあがった。
     ここには、「RESTAURANT & SKY BAR」「BAO by CÉ LA VI」などのレストラン、スカイ・バーがあり、中でも朝5時までオープンしているインターナショナルな雰囲気の「CÉ LA VI CLUB LOUNGE」は、安心して東京の夜を遊びたい海外の人たちにはお勧め。レーザーを駆使した艶やかな空間からは、ガラス張り窓から東京の夜景を一望できるだけでなく、美味しい酒と日本初設置されたMARTIN AUDIO社のスピーカーから流れる格別な音楽を楽しむことができる。「CÉ LA VI TOKYOは、一晩をオールインワン・ヴェニューで楽しめる唯一の遊び場です。ドレスアップをしてお洒落を楽しみながら、品良く安心して遊ぶことができますので、是非遊びに来てください」と、CÉ LA VI CLUB LOUNGE EXECUTIVEプロデューサーのユアン・プレイフォードさん。恋人や友人と、是非訪ねてもらいたい。

    ■CÉ LA VI CLUB LOUNGE
    住所:東京都港区南青山5-12 Noir Bld B1F
    Tel:0800-111-3065
    営業時間:月~土 21:00~05:00、日 18:00~23:00
    https://www.facebook.com/celavitokyo/

    Véronique
  • (5)Véronique

     渋谷や表参道の駅から約徒歩10分。ハイファッションで人気の街、青山の奥まったところにある隠れ家的なバー「Véronique」。地下へ降りて黒い扉を開けると、そこには重厚感とセンスに溢れた都会的な空間が。高い天井の空間には日本を代表する写真家、森山大道の大きな作品が飾られており、壁の一面を覆う大きなガラス窓の先に見えるライトアップされた植物とのコントラストがなんとも素晴らしい。店内にはオーナーが別注で制作したとうヨーロピアン調なソファや椅子がゆったり並べられており、広いバーカウンターもしかり、一度座ると時間を忘れて長居したくなってしまう。
     サウンド面にも力を入れていて、日本のベテランDJ、TOSHIYUKI GOTOと、IORIがレギュラーでプレイ。ハウス、ディスコ、ダブ、テクノなど、アナログレコードからデジタルまでを駆使して幅広い選曲を聴かせてくれる。金・土曜日は若手からベテランまで、さまざまなDJがプレイ。踊れる空間もあるので、酒を片手に踊ることも可能。原宿や青山でショッピングをした帰りに、また深夜遊びに繰り出す前に、バーの周辺は夜になると静かな街になるので、東京でほっと一息つきたいときには最適なバーだ。

    ■Véronique
    住所:東京都港区南青山5-12 Noir Bld B1F
    Tel:03-6427-3721
    営業時間:月~土 20:00~05:00、日曜定休
    https://www.facebook.com/V%C3%A9ronique-1768482749945547/
    https://www.instagram.com/veronique.aoyama/

  • ▷新宿エリア

    DJ BAR Heart
  • (6)DJ BAR Heart

     アジアならではのネオンが光る大都会東京、最大の歓楽街といえば新宿歌舞伎町。多くの店がひしめき合い、かつては危険な街としても知られていた24時間眠らないこの街も、今は観光客の人も多く訪れるようになった。その歌舞伎町の隣にあるのが、日本最大のLGBTタウンとして知られている新宿二丁目。そのふたつの街の間に位置する新宿三丁目に、昨年末オープンしたのが「DJ BAR Heart」。渋谷人気クラブ「Contact」や「SOUND OF MUSEUM VISION」、「DJ Bar Bridge」などと同じ系列店であり、ハウス、テクノを中心としたダンスミュージックを中心に、ローカルに人気の日本人DJがラインナップ。クラブ初心者からツーまで、また人種や性別を超えた人たちが集えるDJバーである。
     店長の有泉さん曰く「LGBTの人たちから、歌舞伎町で遊んでからやってきた人、普段は渋谷のクラブで遊んでいるような人たちまで、さまざまな人たちがやってきます。このミックス感は、これまで新宿にはあまりなかったのでは。新宿二丁目や三丁目などのLGBTタウンには、人懐こい人たちが多く、魅力的な町なので、興味のある人はうちの店を拠点に、遊びに出かけても良いかもしれません」とのこと。お勧めの酒は、オリジナルで開発した薬膳酒やフルーツ酒、大葉やすだちなどを使用したカクテル、また自家製ほうじ茶のハイボールなど。またウッディで落ち着きのある空間には、日本のオーディオシステムRay Audioのスピーカーを設置。そこから聴こえるサウンドはまた格別で、店内に飾られたジャパニーズアートなども含め、日本へのこだわりを見せた一面も持つ。

    ■DJ BAR Heart
    住所:東京都新宿区新宿2-19-9 角海老ビルB1F
    Tel:03-6384-1053
    営業時間:月~土 20:00~05:00、日曜定休
    https://heart-tokyo.com

    ORIZURU
  • (7)ORIZURU
     
     新宿歌舞伎町も奥深い場所になると、さまざまな人種が交差するディープスポットへと変わってゆく。立ち並ぶビルの間にひしめき合う、さまざまなスタイルのナイトスポット。「インターナショナルでボーダレス、そしてカルチャーが交差する空間」「東京の夜を面白く」をコンセプトに、昨年、新宿歌舞伎町のど真ん中にオープンしたクラブが「ORIZURU」だ。歌舞伎町のランドマークである風林会館の真向かいのビルの5階にあるこのクラブ、ブレードランナーやAKIRAを彷彿とさせるようなデザインと窓からの景色、ほどよくスクエアな空間では色鮮やかなレーザーが飛び交い、テクノ、ハードテクノ、ハウス、ミニマルといったダンスミュージックをメインに、国内外のDJがプレイをする。よって客層は国際色豊かなことから、ボーダレスで、自由な空間が魅力だ。完全防音された空間と、TAGUCHIによるカスタムメードのスピーカーが織りなす国内最高峰の音響は必聴で、新宿で音を楽しみたいときに行くべきは「ORIZURU」と言えるだろう。  ちなみにバー近くの天井に飛んでいるのが、店の名前でもある折り鶴。ORIZURU(折り鶴)とは、今から約400年前、江戸時代にできあがった折り紙で作る鶴のことで、今では平和のシンボルとして、国際交流のためのプロジェクトが存在するほどメジャーとなった日本文化を象徴するひとつでもある。

    ■ORIZURU
    住所:東京都新宿区歌舞伎町1-3 5F
    Tel:03-6273-9519
    営業時間:月~土 21:00~05:00, 日曜定休
    https://orizuru.shinjuku.club


    Text : Kana Yoshioka

  • Top image: Tokyo new venues

Tags

Spot Information

Related Articles